アルバイトをして進路を決めました

私は高校を卒業してから、色々なアルバイトを転々としました。いわゆるフリーターとして、数年過ごしていました。
それは何故かと言うと、高校在学中に進路が決まらなかったからです。
周りの友人はしっかりとした進路を持っていましたが、私は高校生になってからも、これと言って進路を持つ事が出来なかったのです。
進路を早く決めなくてはと焦った事もありましたが、結局在学中に進路が決まることはありませんでした。
しかしそれで良かったと思ったのです。
なぜなら進路は自分の人生を決める大事な事です。ですから安易に決めるべきではないと思うのです。
焦って進路を決めて就職をしたとしても、自分に会わずに会社を退職してしまっては、元も子もないと言えます。
私は高校を卒業してアルバイトをいくつもしている内に、段々と進路らしきものが見えてきたのです。
自分はこんな仕事をしたいと思っている、自分にはこんな仕事が向いているのだと気付いたのです。
そして私はイベント会社に就職したのです。