アルバイトを大きく分けると・・・

アルバイトって大きく分けると、二つに分けられると思います。まず一つは、コツコツと単調な作業をする仕事です。例えば、倉庫内系作業や工場のライン作業なんかはそうですよね。また、交通量調査なんかも同じことが言えます。

そして、これらの仕事って同じ作業を、延々とするわけなので向き不向きがあります。特に、向いている人にとっては、このようなコツコツする仕事って、とても働きやすいと思います。

そして、もう一つ大きく分けて考えると、常に変化がある仕事が挙げられます。これは、販売員の仕事や外食店員の仕事などがそういえます。例えば、外食店の場合はお客様の注文も、人によって違うし、お客様の数によって仕事の進め方も違います。

他にも、販売の仕事なんかも、お客様ごとにいろいろなことが変わってきます。この仕事も向き不向きがあり、変化があり忙しく働くのが好きな人もいます。このように、アルバイトって黙々する仕事か、常に変化がある仕事の二つに分かれると思います。