アルバイトを辞める時に大事な事

アルバイトを辞める時に大事な事ですけど、辞める時は早めに職場の責任者に話す事が大事になってきます。基本的には辞める前の2週間前に言わなければいけないです。これは労働基準法で決められています。
つまり、2週間前にきちんと話をすれば、職場の責任者が続けてほしいと言われても退職する事ができます。
また、退職理由を聞かれる事も多いですけど、その時も一身上の都合で大丈夫です。詳しく理由を聞かれても話す必要は基本的にはないです。ただ、円満退社をしたいのであれば、相手が納得できる理由を話すようにすると良いです。例えば家庭の事情などが最適です。
このように基本的には2週間前に話す事で大丈夫ですけど、例外がある事を把握しておきます。それが契約期間が定められているアルバイトの場合です。
契約期間が2014年の10月となっていれば、それまでは働く必要があります。つまり途中で退職したくても退職できない可能性があります。もちろん、重大な退職理由があれば退職できますけど、特に理由がない場合は難しくなりますので、その点は注意しておきます。