アルバイトリーダーの面白さ

私は飲食店で働いているのですが、勤務して1年でアルバイトのリーダーを任されるようになりました。
店舗は25人ほどスタッフがいましたが、アルバイトはそのうちの20人。年上も年下もいる中で、店長さんに言われてアルバイトリーダーとなりました。

この立場は非常に難しく、また当時大学生だった私は、年上の人への配慮などに神経を使う日々が続いていました。
時には後輩に仕事を教えることもあったのですが、人によって成長の速度が全然違っており、人それぞれに対応を考えることが大変でした。
アルバイトリーダーとして一年働くうちに、先輩後輩へのコミュニケーションの方法が体にしみつき、どんどんと楽しくなっていきました。他の人の成長に貢献できた時には、本当にうれしく、社員の方と喜びを分かち合いました。

とても厳しい立場でしたが、今ではやって本当に良かったと思っています。
厳しい立場だったからこそ、がむしゃらにやった後に残る成長や達成感が大きいのだとじっかんしました。