アルバイト労働時間と品物の価値を考える

専門学生時代、アルバイトをしていましたが仕送りもあったために、アルバイト代は自分の趣味に費やしていました。
仕送りが十分あったためにお金を使って趣味を楽しめていました。
周囲からは裕福、と言われる家庭で育った私ですが、時折、親の金で遊んでいる、親が金持ちだから悩みなんて無い、親の金を無駄な遊びに費やして勿体無い、などと言われていましたが遊ぶお金はアルバイトで稼いだために堂々と遊べていました。
自分で働いて得たお金はやはり使うのも楽しいです。
実は、アルバイトをしていなかった頃は親の金を使い、有り難いとも思わずにどんどん無駄遣いばかりをしていました。
アルバイトを始めてからは、800円の品物を買う時にこの品物は私のアルバイト労働時間一時間分なのだと考え、労働時間と品物の価値を値踏みするようになり無駄遣いが無くなりました。
アルバイト代は月に7万円から14万円くらいでした。
アルバイトを始めた当初は嬉しくて仕方がなく、アルバイト代を丸々使っていましたね。