アルバイト広告を掲載する企業と各媒体の年齢層

アルバイトの媒体には、色々あります。その媒体によって、読者の年齢層は異なる一面があるのです。
例えば媒体Aの場合は、主に20代の読者が多いとします。それに対して媒体Bの場合は、20代というよりも30代の読者の方々が多いといった具合です。このように媒体によって年齢層が異なるので、広告を掲載したいと思っている企業にとってはそれは大事なポイントだと思います。
例えば若いアルバイトを募集したいとしましょう。その場合は、上記のAとBの2つの中ではAの方が良いと思います。20代の読者が多いので、Bよりも若い方々が集まりやすいからです。
その逆に企業によっては、むしろ年齢層が高い方を募集したいと思っている事もあるでしょう。であればAよりもむしろBを利用する方が好ましいかと思います。
ですのでアルバイトを募集するために広告を掲載しようと考えている場合には、各媒体の読者の年齢層の傾向をよく理解しておいた方が良いと個人的には思います。