アルバイト面接前に髪型を求人広告で確認

最近街を歩いていると、人々の髪の毛の色もだいぶ変化してきたなと思います。時にはかなり派手にカラーリングをしている方もいらっしゃいますね。緑色や紫色などと、とてもカラフルな髪の色を見かける事があります。
ところでアルバイトに応募するとなると、その髪の毛の色はちょっと注意が必要です。求人広告には、たまに茶髪は禁止と記載されている事があるからです。そしてそれは面接のマナーにも関係してきます。
求人広告に茶髪は禁止と書かれていた場合、髪は黒い色にしておいた方が無難です。普段は髪の毛を茶色にしていても、面接の前の段階ではちょっとスプレーなどで黒くしておく方が良いでしょう。そうでないと、面接で不合格になってしまう場合があります。
またそのような記載がある企業では、たいてい面接時の髪型も重視されます。少なくともボサボサの髪型ですと、ちょっと面接で落とされる確率が高まってしまうでしょう。
このためアルバイトの面接を受ける前に、必ず求人情報をよく確認しておいた方が良いと思います。