アロマオイルサークルについて

私は学生時代アロマオイルサークルに所属していました。主な活動内容は、アロマオイルについて調べるとともに、自分の好みにあった香りを調合して楽しむというものです。
大学に入る前にもこのような香りのするものはいくつか買って自分で使用していたのですが、ここまで本格的なものには触れたことがありませんでした。
今まで私が使っていた物は香料というもので、アロマオイルとは区別されているものだということをまず知りました。例えばバラの香りといっても、香料として売られているものはバラの香りとしてありがちでよく知られているような香りです。しかしアロマオイルの場合、品種によって甘さがあったりスパイス感があったりと様々な香りがあるのです。恐らくバラの香りだと知らされなければ、人工的なバラの香りに慣れている鼻では何の香りか当てられないでしょう。
私はよく、睡眠の質を上げると言われるラベンダー+スイートオレンジのオイルを調合して夜使っていました。
寝付きの悪い私でも安眠できるようになり、アロマオイルの効果を実感出来ました。
オイルはたくさん種類があるので、どれとどれを調合しようか考えるだけでもとても楽しめます。