イベントのアルバイトに参加した時に

私がしてきた仕事は大半が、アルバイトも含めて一人でするものが多かったです。
警備会社、個人経営の居酒屋などですが、どれも一人で延々と同じ作業、もしくは決まった作業の繰り返しでした。
人と話す必要がないので楽と言えば楽なのですが、時々どうしようもなく寂しさを覚えることがあります。

そんな時にイベントアルバイトに参加しました。
イベントの警備ですが、人ごみをうまく誘導して、ひたすら誘導する仕事です。
仕事内容は楽ですが、普段は誰も通らない道に立っている仕事や、車相手に「ありがとうございました」という仕事でしたから、何となく新鮮でした。

今は警備の仕事も辞めてしまいましたが、あとの時にイベントのアルバイトは自分の中で仕事に対する考え方を変えた瞬間かもしれません。
やっぱり人の顔が見える、もしくは自分が仕事をすることで誰かが喜んでくれるというのは重要です。
誰もしないところで頑張る人も格好いいと思いますが、何らかの形で実績実感できる仕事やアルバイトが一番良いです。