イベントは「する側」の方が良い

学園祭って見学するだけではあまり面白くないと思います。
中学校の頃、一度だけ高校の学園祭に行きましたが、どうも面白さというものがよく分かりませんでした。

そして高校に入り、学園祭をする側に回ってみると意外と面白いものだということを知りました。
イベントというものはそういうものなのかもしれませんが、そこに主体的に参加する方がはるかに楽しいものです。
高校の頃の出し物はどれも凄いものではありませんでしたが、それでも充実した気分にはなりました。

徹夜は出来ませんでしたが、授業が始まる前に朝早くからきて看板を作ったり、小道具を用意したり、あとは当時の予定を確認したり、何だかやることがたくさんあり、普段退屈だった高校生活が学園祭までは充実しているような気がしました。

傍から見れば別に凄いことをしているわけではないのですが、それでもその当事者になってみるとその一つのイベントにかける準備の大変さや時間を費やす喜びのようなものがあったのだと思います。