イベントスタッフは忙しい事

イベントのプロデュースをしている会社でアルバイトをした事があります。選挙関連の集会から、お祭り、そして講演会やコンサート等まで、イベントに関する事は何でも取り扱っている会社だったので、アルバイトをしている私でさえも、数日後にどんな仕事をしているか分からない状態でした。

イベントは、毎年定期的に行われている定番のイベントに加えて、始めて取り組むイベントも多くありました。前例のないイベントの場合は、何度も見積もりして、シミュレーションをするのです。

その時にスタッフが何人スタンバイする必要があるか、そして必要なテントや椅子、音響機器がどのくらいの規模で必要になるかを算出していきます。

私が出勤したときには、ほとんど力仕事のスタッフとして現場に入ることが多くありました。テントを立ち上げ垂れ幕を設置し、受付のスタッフとしてスタンバイするのです。このようなパターンのイベントがいくつもありました。

何度もこなしていると、流れ作業的に次にやるべき事が分かってきます。この適用するスキルが将来的に役に立つと思うのです。