インカレサークルは新歓だけでもいっておくべき?

「インカレサークルの本当の体験入部は新歓」という言葉があるように、インカレサークルは場合によっては新入生歓迎会も試しに参加してみる価値はあるでしょう。

また、「あ、このインカレサークルは内容は興味あるけど合わない…」といったような判断も、ある意味ではそのインカレサークルの新入生歓迎会にて判断をおこなうこともできるでしょう。

また、まああまり大声では言えないことではあるのですが、サークル活動よりも友達をつくるといったように、交流を広げることに興味がる人も、新入生歓迎会にはもちろん参加しておくべきでしょう。

なぜなら、たとえそのインカレサークル自体の方針があまり合わないと感じても、その新入生歓迎会の席にて気の合う人と知り合えるかも知れませんからね。なおかつ、学外の生徒も参加するインカレサークルでしたら、交友関係を広げるチャンスはなおさらあると言えるでしょう。

やっぱり新入生歓迎会という席は、サークルメンバーの人となりをつかむ上では重要ですから。また、スポーツ系やマニアックな分野のサークルにおいては、新歓コンパを面倒臭がる人もいるのですが、やっぱり出ておくべきでしょう。