インカレ料理サークルに参加して

私は学生時代、インカレの料理サークルに参加していました。大学生になって一人暮らしをすることになった私にとって最大の問題は料理ができないことでしたので、これを機にサークルに入って料理を勉強しようと思ったのです。最初は他大学生と交流があると聞いて少し緊張していましたが、自分を少しでも変えるためにはこれしかない、と参加を決意しました。
そのサークルには大体6校くらいの大学生が集まって参加していました。学外の生徒と交流する機会は殆どないので、そこで色々と他の大学の話を聞いたりその人の価値観などを知ったりするのは面白かったです。
料理は貸出を行っている調理場があったのでそこで行いました。作る料理を決めたら素材を持ってくる担当の係を決めて、そして行うというものです。私は慣れていないこともあり年長者の多いグループには遺族されました。そこで料理の基本的なことを教わり、数ヶ月後にはなんとか人並みには料理をつくることができるようになりました。このサークルで学んだ技術は日々の生活に役立っています。