インドア派の大学生

インドア派の自分、人生で一番輝かしい大学生の時期もインドアにて大人しく過ごしていました。
友人や恋人を作って一緒に過ごすのが一番尊い過ごし方だよ、
なんて大人から諭される事もありましたが、
自分が一番楽しめるのはインドアにて過ごす事と知っていましたので、
交流はあまり無くとも自分なりに楽しめたつもりです。
大学生との若い年代ながらも寝る事が大好きであり、
勉学を終えてから良く横になってリラックスをしていました。
インドアながらもアルバイトを行い、アルバイト代で漫画喫茶に通う事もありました。
漫画喫茶店内にて勉強をする事もしばしばありましたね。
ドリンク代が無料ですので、飲み物を嗜みながらも勉強ができていました。
勿論、純粋に漫画を楽しむために通っていた事もあります。
自宅では専ら家事を行なったり、本を読んだりといった過ごし方をしていました。
アルバイト代は漫画喫茶代や文献に、時として勉学費用や大学通学代に費やしていました。