オシャレに興味が湧いた大学時代

私は高校生の頃までとにかく地味に暮らしており、田舎で先生の管理の目や校則が厳し目の学校で過ごしていました。

なので、上京をして来て校則から解放された大学時代になってようやくオシャレに興味を持つことが出来ました。
大学生になると華やかな格好をしている女子大生が多いです。

サークルでモテたり異性からのウケを良くしたいのであれば、ある程度オシャレをすることは大切だなと痛感させられました。
顔立ちがそれほど綺麗でない子でも、メイクをしたり服装を工夫すれば高校時代とは見違えるくらい綺麗になっていることも多かったです。

周りの友達に刺激を受けて私は大学時代はオシャレを研究しました。
メイクをするようになってからは男性陣の反応が少し良くなったのが面白かったです。
パーマをあてたりヒールを履いたりとオシャレの経験を重ねましたし、しょっちゅう流行りの服を買いに行ったり、大学時代は人生の中でも一番オシャレを頑張っていた時期だったと思います。