オリジナルTシャツも良い思い出!

大学の学園祭にゼミのみんなで出店した際に、どういった経緯でそうなったのかは忘れましたが、みんなでおそろいの「オリジナルTシャツ」をつくることになりました。

とは言っても、私たちの大学は美術大学でもなんでもなく、いたって普通の大学の理系の学部でした。ですから、凝ったデザインをつくるわけでもなく、バックに「粘菌王」と筆文字で書かれただけの緑のTシャツをつくりました。

ちなみに、文字は私たちの専攻にちなんでいます。あまり文字に意味はないのですけれどね。キャラクターにしようとも思ったのですが、いかんせん全員に美術的デザインセンスがなく、結局文字を入れることとなったのです。

さて、オリジナルTシャツの値段についてですが、15人分つくって一人だいたい2千円といったところでした。Tシャツ1枚の値段で考えれば、それほど高くはありませんよね。むしろ安い。

それにも関わらず、あれから10年経った今でも部屋着にフル活用できているほどに丈夫なのですよね。「市販の服は一体いくらのデザイン料をとっているのだ?」と思う程に、今どきの無地のTシャツはしっかりしています。

そして、未だに現役の学祭Tシャツは本当に良い思い出です。ただし、外には着て行き辛いですが。