オーケストラのサークル

新歓コンパで迷いこんで、オーケストラのサークルに一瞬だけ入りかけたことがあります。しかし、楽器に関わるお金の高さに引いてしまって、仮部員ですぐに辞めてしまいました。サークルのためにバイトして、というのは学生として本末転倒だと思ったからです。そのかわりというか、興味を持っていた友人をオーケストラのサークルに紹介することになりました。幸いその友人はもともと興味があったため、十分楽しんでいた、ただし演奏会を除いては。他の文化系のサークルとオーケストラのサークルとが違うことの1つは演奏会というものがあり、つまり内輪で好きにダラダラしているだけでもいいのではなく、外部と関わり発信していかなければいけないことなのかもしれないですね。その友人はパンフレットに載せる広告とりから会場の金額交渉まで八面六臂の活躍をしたらしく、格段に対社会人スキルをのばしました。結果、友人は大手のマスコミに内定を得た。そういうところでも差がつくということを就活の時期にようやく知ったほろ苦い思い出でもあります。