オーケストラサークルでの思い出

私は大学でオーケストラサークルに所属していたのですが、そこでの一番の思い出は、やはり演奏会です。

私のサークルの演奏会は都内の大きめのコンサートホールでやるのですが、毎回1000人近いお客様がいらっしゃる、なかなか大規模な演奏会になります。

そのため、練習も一回の演奏会のために半年間かけてじっくりするので、結構大変です。

しかし、練習でがんばった分、演奏会での爽快感も格別です。

オーケストラの曲は最後のフィナーレに向かって盛り上がっていくものが多いのですが、フィナーレに近づいていくのと同時に、演奏会もこれで終わりだという感慨が押しよせてきて、とても興奮して、なんとも言えない気持ちになります。

最後、演奏が終わって、お客様の大きな拍手に包まれながら、お辞儀をするのは、とても解放感と達成感に満ち溢れ、これ以上ないくらい幸せな瞬間です。

演奏会に向けての努力が一気に報われた気がして、毎回毎回の演奏会が、私にとっては最高の思い出です。