カクテルバーで働いたこと

私の町にはおしゃれなカクテルバーが何店舗かあります。若い人たちにも人気となっている高層ビルの最上階のカクテルバーは、彼女と時間を過ごすには最適の場所となっていました。

なので、このお店の事を知りたいと思ったので、ウェイターのアルバイトをすることにしました。私はカクテルのことをあまり良く知らなかったので、まずはメニューを覚えることから始めたのです。

オーダーが入るのは、マルガリータや、カルアミルク、モスコミュールなどのお決まりのカクテルばかりでしたが、乳製品のカクテルであるチチやトマトジュースや、パインジュース、焼酎を使ったカクテルなどもありました。

見た目がカッコいいとか、名前の響きが良いとか..そのあたりでカクテルを選んでしまいますが、やっぱり自分の好きな味を追求したいと思います。なので、他の人が注文しないようなオリジナルカクテルを作ったりしていました。

新種のオリジナルカクテルを発表する発表会に出品することもできたので、発表しておけば良かったと後悔しています。