カメラを販売するスタッフをしてみた

カメラをメインに扱っている、カメラの家電量販店があります。その店でアルバイトを募集していたので、申し込んでその結果を待っていました。カメラに関する知識はほとんどなかったので、その旨を正直に書き込み、仕事をやってみたい熱意なども伝えたのです。

その結果、アルバイトの採用の連絡が来て晴れて出勤する事ができました。ですが、最初に店内スタッフとして仕事を始めたのですが、カメラの名前と型番が多すぎて、上司が何の話をしているのやら、サッパリ分かりません。

なので、メーカーとブランド名、型番を記憶する事から始めたのです。そして望遠レンズと様々な効果が出る単焦点レンズの違いや、装着できる規格などを覚えて行きました。基本となる知識がいくつもあるので、カメラマニアになるまでにはまだまだ勉強する事が沢山ありました。

そして、カメラを熟知しているお客さん達とトークができるようになるまでには、かなりの月日が必要になるのです。