カメラ屋さんでのアルバイト

とあるカメラ屋さんでアルバイトをしていました。

そのときカメラに興味があったので、色々と覚えられるかなあというのと、ちょっぴりお安く買えるかもしれない・・・といった、若干不純な動機で始めたのです。

実際入ってみると、男性ばかりの職場で不安だったのですが、すごく親切にしてくれました。
まず覚えることといったら、レジ打ちの操作、商品がどこにあるか、接客の心得等。
お客さんがものすごく沢山いらっしゃる店舗だったので、カメラの知識云々よりはとにかく接客接客、レジ打ちレジ打ち。
忙しかったです・・・。

接客業は経験があるので問題なかったのですが、お店に関する知識は覚えて、慣れていくしかありません。
最初の頃は、たくさん注意されました。
でも、疑問は聞くと、きちんと教えてくれる人たちばかりだったので、とてもやりやすかったです。

慣れてくると、写真の焼き方や証明写真の撮り方を教えてくれたので、それができるようになるととても楽しくなってきました。
やっぱりできる仕事が増えてくると、楽しいものですよね。

ところが、せっかく慣れてきたところだったのですが、身体を壊してしまい、辞めてしまう事になったのが、とても残念です。
結局、カメラ買えなかったなあ・・・。