カラオケサークルに所属してみて

私は学生時代、インカレカラオケサークルに所属していました。主な活動内容はメンバー同士で打ち合わせをして、日程を決めてカラオケをするというものです。曲に縛りはなかったので、メンバーは各々自分が好きな曲を歌っていました。普通のカラオケの場面では敬遠されがちなマニアックなアニソンや軍歌なども、歌として楽しむ姿勢がメンバーの中にはありますのでとても盛り上がっていました。
この本当に何を歌ってもいいという方針はとても私向きで、気兼ねなく参加することができました。最初は少し恥ずかしいかなとも思ったのですが、参加して歌っているうちに楽しさの方が勝ってきました。皆ノリのいい人で盛り上げ上手なので、歌の上手下手は関係なく楽しめたのです。
他の大学の生徒が一堂に会する機会というものも普通だとありませんので、ここぞとばかりに色々な話を聞いたり聞かせたりしました。自分の近くにいる友人とは全く価値観の違う人に出会えるのはとても新鮮で、いい思い出になりました。