カラオケハウスでがんばった

私が時給が高いアルバイトを探しているときに、カラオケハウスのスタッフの募集がありました。これまで居酒屋関係の仕事はしたことがあったので、仕事内容についての疑問点はありませんでした。

そして実際に仕事に就いたのですが、そのお店はオープンして間もないお店であり、固定客があまりいなかったのです。なので、新規のお客さんばかりでカラオケの装置の使い勝手が分からない人がいたり、お店のルールが分からないようなお客さんが多かったのです。

それでいて、私も新人のスタッフだったので、何がどうなのか右往左往しながら頑張っていました。ただ、しばらくして夜間のお客さんの入りがほとんどなくなってしまい、お店の経営も厳しくなってきたのです。

その結果、通常は閉めたままにする昼間もお店を開けることにして、売り上げアップを狙ったのです。私の友人にも話をして時間があれば遊びに来るように話していたのです。しかし、その後も思うようにお客さんを集まらなくて困ったことになったのです。