カラオケハウスで困ったお客さんのこと

私がカラオケハウスでアルバイトしているときに良くいたのが、お店の閉店時間時間になってもいつまでも帰らないというお客さんです。

閉店時間が過ぎているというアナウンスをしても、全く効く耳を持たないのです。なので、何度か部屋に行って「閉店時間なので..」という話をしたのですが、それでも効かないお客さんがいました。

そのようなお客さんを待っている間、何もすることがないので非常に暇なのです。既に掃除も終わってレジの精算の準備もできているので、お客さんが帰らないと自分たちも帰ることができないという厄介な状況なのです。

このままでは店内のスタッフの全員分の残業代がかかってしまうので、仕事が無くなったスタッフから順に返していくのです。すると結局、お店の鍵を預かっていた自分一人になることもありました。

その時もなんだか一人だけ残業代を取るのが、何か申し訳ないような気がしてくるのです。オーナーも間違いなく時間外なので、お客さんを帰して早く店を閉めるように..としか言わないのです。