カラオケハウスで昼間の仕事

私がカラオケハウスで仕事をしたときには、夜の9時からの出勤でした。最も忙しい時間帯でしたが、仲間のスタッフが多いのであれこれ仕事の要領をすぐに覚えることができたのです。

そして、アルバイトの仕事の全てを覚えた頃に、私のシフトが午前11時に変更になったのです。カラオケハウスで午前中からお店をオープンしているところは結構あって、暇な人は昼から歌を歌っているのです。

当然、夜間のカラオケハウスの料金よりも値下げしないとお客さんが入らないので、ほとんど半額以下のサービスになります。すると..若い人たちはその時間帯を狙って歌の練習に来る人が多いのです。

もしかしたらアマチュアの歌手の人たちなのかもしれませんが、連日歌いに来る人もいるので相当に気に入ってくれているようなのです。そんなお客さんが数名いるのですが、おつまみのオーダーもほとんど入らないことから、昼間のスタッフは一人か二人で切り盛りすることになります。これが結構忙しかったりするのです。