カラオケ機材を販売する企業

私は以前にカラオケハウスでアルバイトをした事がありますが、その時に使っていた機材はレーザーディスクがメインでした。以前はCDを使った格安なカラオケシステムから、各曲専用のレーザーディスクを使った方式が主流でしたが、最近は更に進化してハードディスクがメインの記憶装置になりました。

全ての機材のコストから考えると断然安くなってきているし、導入の敷居もかなり下がってきました。なのでカラオケシステムを設置したいと思うオーナーの要望を満たすことは比較的簡単になったと言えます。

なので、このカラオケ機器を営業販売する会社でアルバイトをした事があります。本格的に数十万の機械を営業する仕事なので、アルバイトには向かない仕事ではありましたが、成績が良ければ正社員として採用するという話だったので短期的にやってみました。

私は元々、人に商品を販売するというトークは好きだったので、それなりに販売する自信はあったのです。しかし、魅力的なカラオケ機材であっても、複数回購入すれば数百万の金額になるので、そう簡単に買ってくれる人はいなかったのです。