ガソリンスタンドで声を出すこと

学生の頃からよく遊んでいた友人が、ガソリンスタンドでアルバイトをしています。そんな事もあり、時間があるときには、そのガソリンスタンドに車を持っていき、車内の掃除などをする事があります。

給油所のスタッフとして友人がいるので、業務用の掃除機や、タイヤのエアーを入れる装置なども何でも使う事ができるのです。そして、たまには洗車機を使って良い時もあったので、定期的に洗車をするようにしていました。

私が掃除をしてるときにも、友人は走り回って大きな声を出しています。「いらっしゃい」が..「らっしゃー」としか聞こえないのはお決まりになっていました。やはり、ガソリンスタンドで仕事をするには声を張らないといけないのです。

これは店長から何度も言われることのようで、活気のあるガソリンスタンドを演出しないとお客さんが離れていくそうなのです。なるほど..と感心しながら友人が大声で走っているガソリンスタンドを眺めているのです。