ガラスの販売業者で仕事をする

いつも求人情報誌でアルバイトを探していますが、より給与が高いアルバイトは新聞の仕事募集欄に載ることが多いのです。なので期待はしていませんが、何度か見ていたら、カラスを販売する業者のアルバイト募集広告が掲載されていました。

時給は、最低賃金より多少高いくらいですが、昼間の仕事としては十分に魅力のある仕事だと思いました。電話して面接の段取りをして仕事内容について話してみたのです。

取引先は大手の建設会社などが多く、巨大なビルにガラスを搬入する作業がほとんどだとのこと。ガラスを扱うテクニックなどに興味があったので仕事をすることにしました。

ガラスを搬入する為には、車の衝撃に耐えるような積載方法が求められるのです。なのでトラックの荷台にクッション性のある台をセットして移動するのですが、この状態で何百枚ものガラス板を移動するのはかなり手間のかかる作業だったのです。

そして先輩の言うとおり、慎重に作業していれば、ガラスはそう簡単に割れないことが分かりました。その後も、私のガラスを扱うスキルは段々と高くなったのです。