キッチンに入りたての頃は先輩の真似をすると良いです

カフェのキッチンのアルバイト経験から学んだことで、キッチンで働くときに必要なことは素直さでした。経験者で即戦力として雇われた人でもなければ初めは誰もが未経験なので、誰もが全く仕事ができずに右往左往することは当たり前です。家庭での調理と飲食店の厨房は、料理を作る行為は同じですがその中身は全くの別物です。
ということなので、先輩達もみんな初めは何もわからず右往左往していた経験があって今があるので、先輩達のアドバイスにはきちんと耳を傾けて、まずは先輩の真似でもいいので言われた通りにやってみる素直さが必要です。慣れてきた頃に違うやり方を思いついたならば、そのときには自分なりにアレンジしていけばいいのです。
逆に言うと、新入りのときから自分はこういうやり方でやります、というように我が強い人には調理は向いていないとも言えます。何店かでキッチンの経験がありますが、どこの店でもそういう人が最も敬遠されていました。
もしキッチンで働きたいのであれば、入ってまもない頃は先輩の言うことを素直にひたすら真似をすることから始めましょう。