クラスがないからこそ世界は広がる

高校の頃は「クラス」というものがあり、年中行事もありましたから自分から望まなくとも何となく友達というものは出来ましたが、大学ではそうはいきませんでした。
浪人して入り、まして地元ではなく別の地域の大学ですから何もかもが新鮮であると同時に恐怖でもありました。

「早く友人を作らないと」という恐怖心から何となくグループに加わって行動していましたが、そもそも大学とは手当たり次第に友達を作るところではないということを知り、大学2年次には近しい人間は数人くらいとなっていました。
友達が多い方が良いというのは高校までだと思います。

大学とは自分のやりたいことに時間を費やすところであり、誰かのために時間を使う所ではないと思います。
何となくそれを悟ると、学年そのものも興味が失せて、大学生以外や留学生の人とも付き合えるようになりました。
大学に入って一番不思議だったのがこの一種の「異文化交流」だと思います。
留学生と知り合えたのは自分の中で大きな事件でした。