クラスが一丸!

高校時代の学園祭の思い出です。私が出た女子高校では、学園祭は3年に1度でした。
私達の学年は調度3年生の時に開催されるローテーションにあたりました。
クラスでの出し物は巨大迷路を兼ねたお化け屋敷。
音楽室を使ってなので、巨大と言うほどではありませんでしたが(笑)
学園祭の2週間くらい前から、突貫工事のごとく準備が始まりました。
近所のスーパーからダンボールを大量にもらい、迷路の壁づくり。
ダンボールは真黒に色も塗りました。
大量に必要だったので、それはもう大変な作業でした。
学校に残って作業ができる時間をオーバーして怒られたり、
帰りが遅いのを心配する保護者から苦情が来たり。
怒られたことは他にもあったような気がしますが、皆楽しくて仕方がない感じでした。
女子ばかりが集まると、仲の良い人同士のグループが何個かできますが、
私のクラスはそのグループ同士があまり仲が良くなく、まとまりがないクラスでした。
ですが、球技大会や合唱大会など、行事の時の団結力は普段とは比べ物にならない姿でした。
担任の先生も、毎回そう誇らしげに言っていたのを覚えています。
完成した巨大迷路兼お化け屋敷は、手作り感満載で、出来はイマイチに思えましたが、
あの時の充実感、一体感は忘れられない大事な思い出です。