クラスの子はライバル

高校の時に私は進学コースで学んでおり、周りの子はみんな大学受験をする予定でした。
関関同立辺りを目指すというレベルのクラスで、周りの子とは仲が良かったのですが、私は密かにライバルだと思っていました。

高校側が定期テストの点数の順位を出したり、模擬テストの成績順を貼りだしたりするので、負けるのは悔しいなと思い、まずはクラスの中で一目置いてもらえるぐらいの学力を身につけようと思いました。

同じ大学を受験する受験生は色々な高校から来るので、なかなかイメージがわきませんが、まずはクラスの子をライバルとして頑張っていこうと思い、周りの勉強法、勉強時間などを知り、それを参考にして勉強をしていきました。

そうすることで、高校三年生が近づくころには、クラスの中でも毎回良い位置につけるようになり、受験に対しても自信が出てきました。
何でも順位を出したりする学校だったのですが、先生もこういった効果を狙っていたのかなと思います。