クリーニング業の工場でのアルバイト

このお仕事は今から19年前になりますが、某有名メーカーの工場で働いていた時の話です。
朝8時30分から17時まで、休憩は午前10時に5分休憩と、お昼の12時から13時と15時の10分休憩で残業はありませんでした。
ただ、クリーニングとだけあって、工場内はとても暑く、洗って、クリーニングしたてのものを受け取る作業は1番過酷で、夏場は50度を超えて、腕から塩が出たのを覚えています。スピード、正確さ、あっついのに慣れる、この3つを求められる仕事で、私はそこに配属されてました。
指紋はなくなるし、暑すぎて食欲はなくなるしで、体重も落ちた覚えがあります。時給は800円くらいだったと思います。工場での仕事というのは他のサービス業とは異なり、閉ざされた社会という環境下での仕事になるので、仕事内容も単調だし・・なので、辞めたあと、世界はこんなに広かったんだ!と思ったのを覚えています。工場内の仕事でも簡単なのから、ヘビーな仕事が有り、でもどの作業場にも高級なハンドクリームが常備されていました。