ケーブルテレビ工事のアルバイト

数年前に、ケーブルテレビの担当のアルバイトをしたことがあります。加入申し込みをした方の自宅に行ってケーブル回線の工事をするのです。穴を開ける位置などは事前に専門の先輩がチェックしているので、私が悩むことはないのです。

依頼があったお客さんの家に訪れて、ケーブルを繋いで映像を出力させて終了という..やっていることはとても簡単なのです。ただ、お邪魔するお宅によっては、ホコリが大量にたまっている中で作業をしたりと、環境が全然違ってくるのです。

そして夏場は更に劣悪なのです。ケーブルの穴を開けるのでエアコンの効いた部屋の中で作業することはほとんど無く、熱い中で作業服を着たままの工事となるのです。部屋の中なので風が全くなく、汗が常にしたたり落ちるのです。

その事を考えてみると、土建屋さんが屋外で作業をしている方がよっぽど楽だと思えたのです。ただ、アルバイトの収入に関しては割と良い方だったので、文句を言わずに長期間継続する事ができました。