ゲームサークルでの経験が生きた

大学ではゲームのサークルに所属していました。ゲームサークルというとテレビゲームなどをしているサークルかと思われるかもしれませんが、内情は国内外の全ての媒体のゲームをやるという感じで、漫画であった『げんしけん』のゲーム版のような感じでした。
私は、ここで初めて海外のカードゲームを体験したり、テーブルトークロールプレイングゲームをする友人を見つけたりと、高校までに経験できなかった色々なゲームを楽しめたのは、非常に楽しく、嬉しいものでした。今までやったことがないボードゲームも色々とやらせてもらったりして、いい経験をできました。今も好きでやっている『カタンの冒険者』は、このサークルで始めて出会いました。ドイツ発祥のボードゲームなのですが、戦略性も高く、このゲームで培ったテクニックは就職活動のときや就職後の仕事にも役立っており、ゲームをやっていてよかったと思いました。こういったボードゲームやロールプレイングゲームでの会話のテクニックや戦略の立て方は仕事にも役立つことが多いですので、もしサークルに入るときは、兼任でもいいのではいってみてはいかがでしょうか?