ゲームソフトの販売スタッフ

大きな書店の2階のフロアには、ゲームソフトを販売しているショップがテナントとして入ることが多くあります。そのショップのアルバイトを募集する広告を見つけました。

私が予想していたよりも時給は少なめに設定されていましたが、ゲームソフトはプライベートでも見慣れていて、仕事でミスをすることはあり得ないと思ったので、アルバイトをやってみることにしたのです。

仕事内容は至って簡単であり、ゲームの買取査定表が二週間に一度程度更新されるのですが、その価格表に沿って売りに来たゲームソフトを買い取るのです。そして、在庫が増えた分をコンピュータに登録して買い手がつくのを待つだけです。

空いてる時間にはゲームソフトのディスクのクリーニングをしたりする事もありますが、ほとんどの時間帯でひっきりなしにお客さんが来るので、レジの対応に追われることになります。

ですが、最近はゲームソフトの買い取り価格をつり上げないと売る人が少なくなっているなど、利益幅はどんどん少なくなっているように思えました。