コンビニで停電になったこと

私がコンビニでアルバイトをしたときに、停電になった事があります。良く言われていたのは町中の全ての明かりが消えるような停電の状態になっても、コンビニだけは電気がついているという話です。

私もそうだと思っていたのですが、実際に私が勤務している時間に停電になってしまい、店の中の明かりが全て消えた事があるのです。緊急事態の発電機が起動して最低限の電力を確保するというシステムがあったので、冷凍庫だけは電源が確保されて動いていました。

なので、温度が高くなるとまずい食品は冷凍庫の方に移動するようにしたのです。そして店内の明かりはどうしても確保できないので、売り場にある100円ライターをいくつか点火して対応したのです。

当然レジも動かないので困ったのですが、ろうそくなどを買い求めるお客さんはどんどん来るのです。なので、電卓でお客さんの対応をしました。暗い店内なので何名のお客さんがお店の中に入ったのか分からない状態だったので、店を閉めても良い状況だったように思うのです。