コンビニのアルバイトは、やりがいがあります

コンビニでアルバイトしたときの体験談です。
コンビニでアルバイトしたことで、初めてレジ打ちの体験しました。思っていた以上に、レジは難しく、覚えるのに時間がかかってしまったので、無事にバイト勤めできるか心配になってしまいました。

若いころに経験させてもらえたので、最初の心配とは別に、すぐに覚えられましたが、それでもコンビニのレジは、私にとっては、複雑で難しかったです。
感動したのは、コンビニのレジは、とても頭がいいところです。
複雑なことでも、いろいろと記憶したり入力項目があるので、パソコンの頭脳のような感じでした。

コンビニのアルバイトは、レジ打ちと品出しは別れていません。
ホームセンターやスーパーのレジは、レジ打ち担当と品出し担当が別れています。だから、自分の仕事に集中することができます。コンビニは、品出しもレジ打ちも一緒にやります。食品から、
文具、本、飲み物まで幅広く扱うので、管理や発注も大変です。
この作業をしながら、清掃と、レジと外にある煙草の自販機の売り上げ管理もやるので、思っている以上にコンビニのバイトは、覚えることも多く、仕事も大変でした。

ですが、コンビニの仕事は、動き回るので痩せますし、世間では
そんなに頭を使わない仕事と誤解されている側面もありますが、実際のところは、頭を使う仕事でもあるので、働いているという
充足感も得られる、やりがいのある仕事でした。