コンビニのシフトは夜勤が良いこと

コンビニでアルバイトするときには、仕事内容が分からない時期には昼間のシフトで出勤することになります。レジの使い方から、商品の陳列方法、そしてお客さんの対応に至る全てのことを覚えるまでは、店長のいる時間に仕事をします。

そしてある程度のスキルが高まったところで、夜勤や深夜勤の時間帯に配属されます。昼間の勤務時間帯と、深夜勤の給与を比べてみるとかなりの差があるので、深夜勤の方が断然お得なのです。

ただ、深夜勤の場合はお客さんから見ても従業員が一人しかいないことが分かるので、強盗に入られる可能性もかなり高い事が分かります。

テレビでニュースになるような強盗事件もいくつかあったのですが、どの事件も後に犯人は捕まっているので、コンビニ強盗が成立しないということは多くの人が分かったと思うのです。

それでも、バイクのヘルメットを被ったまま店内に入ってくるお客さんにはビビってしまいます。タバコを買ってすぐ出て行くのですが、一直線にレジに歩いてこられると硬直してしまいます。