コンビニ覆面調査のアルバイトをしました。

私は学生時代、短期のアルバイトで、コンビニの覆面調査を行ないました。まず、運営側から分厚い資料を手渡され、どんなポイントを見るのかを説明されました。

まず店舗の屋外にあるのぼりはきちんと飾られているかどうかや、ごみは落ちていないかを調べます。そして、店舗内に入り、コンビニスタッフから「いらっしゃいませ」といった元気な声があるかどうかを聞き取ります。店内やトイレがきれいかどうかを調べた後、例えば弁当やおにぎり、そして惣菜の数がそれぞれいくつあるかを調べていきます。

調べなくてはならない項目は他にもたくさんあるのですが、最後に冷たい飲み物と温かい惣菜を買って、コンビニスタッフから、袋を分けて入れた方がいいかといった声があるかや、一声ないにしても袋を分けてくれるのかをチェックします。

こうした調査をエリアが違う場所で7店舗調べたのですが、1店舗当たりで調べなくてはならない項目が非常にたくさんあり、店員に感づかれないように調査することが大変でした。しかし、こうした抜き打ちチェックもすべては店をよくするためです。少しでも役に立てればと、当時は私も一生懸命頑張りました。