コーヒーショップでアルバイトをする

コーヒーを専門に扱っているお店があります。全国的に有名なチェーン店とその店を真似たショップがいくつもあります。私は日常的にコーヒーをよく飲むので、コーヒーの香りがする中で仕事をしたいと思っていました。

そしてアルバイトの面接に行ったのですが、その時にもコーヒーの香りが充満している事務所で話をすることになり、気分的にもリラックスして話すことができました。その時の印象が良かったのが、採用してもらえたのです。

最高の味のコーヒーを毎日作る事ができるのは、とても楽しかったのです。そしてもう一つ、私が仕事の中で覚えたいと思っていたのが、最高のコーヒー豆を調べることでした。

使われている豆は本部から送られてくるのですが、豆の品種はある程度分かったのですが、どこの国のものなのか詳しいことが書かれていません。

私が、コーヒー豆を売っているお店で買いに行ったとしても、全く同じコーヒーを選ぶ事は無理なのです。そのあたりは残念でしたが、コーヒーについて詳しく知ることができたのです。