コールセンターは疲れる仕事

割と時給の良いアルバイトにコールセンターがあります。これはお客さんが電話をかけてきて、疑問点を聞いて、その答えをアルバイトの担当者が答えるのです。

お客さんが質問してくる内容は、過去の実績のデータを集計しているので、ある程度の傾向は分かるのです。その実績を元にシミュレーションをして練習しているので、ほとんどの質問を即答で答えることが出来ます。

なので、内容的にはとても楽な仕事であり、時給も割と良い方なのです。何故、この仕事がこれだけ優遇されているかというと、コールセンターの仕事は精神的に疲れるのです。こちらが100%の受け答えをしているのに、お客さんは不満があるので言いたいことを色々言うのです。

つまり、クレームを言ってくるお客さんの対応をする必要があるので疲れるのです。これを長年継続していると、ストレスが溜まって仕事がやりたくないうなってきます。その後、辞めてしまうパターンなのですが、給与がなくなるので、別のコールセンターにまた就職するという感じになるのです。