サプライズで感動

学園祭の1日目には、毎年恒例で合唱コンクールが開かれていました。
1学年のクラス数が多くなかったこともあり、全校生徒が体育館に集まり、自分たちのクラスで合唱をするほか、他のすべてのクラスの合唱を鑑賞するというものでした。
主に音楽の時間や授業前や放課後前のクラスミーティングの際に練習をするだけですが、毎年なかなか熱い歌声が聴けて、楽しいものでした。
その年の合唱コンクールでは、ちょっとしたサプライズがありました。
とある高学年のクラスの担任が、学園祭の次の月から産休に入ることになっていたのです。
クラスの生徒のみならず、他のクラス、学年からも信頼の厚い先生でした。
そのクラスの生徒は、担任に歌で今までの感謝やお祝いの気持ちを伝えることにしたようです。
本番突然、課題曲の歌詞を自分たちで書き換えたオリジナルの曲を披露しました。
もちろん先生は感動の涙。
聞いている私たちの方まで、思わずウルッときてしまいました。