サークルでの思い出

大学では本格的な運動部に入部しましたが、正直不必要に過度な上下関係ややあまりにも理不尽な扱いに潰れてしまい辞めてしまいました。

その後趣味を取り扱っていたサークルに入ったのですが、そこからの日々は一転して楽しいものでした。
大学のサークルは公式非公式合わせて数え切れないほどの数があり、実に多彩です。その分そこに所属しているメンバーは本当にそのサークルが取り扱うジャンルが好きな人たちが集まっているので、会話もとても弾みました。また文化系だったこともあると思いますが好きな時に好きなだけ、強要されるものが無くとても和やかな気持ちで過ごすことが出来ました。もっと早くに所属していれば、大学生活は全く違っていたのかなぁと思うことは何回もありますが、過去をとやかく言っていても仕方ないことです。そのサークルで過ごした楽しかった日々や仲良くなれた人たちとの繋がりを大切に、これからの自分の生活をよりよいものに、楽しいものにしたいと思えるようになりした。