サークルで一緒になった友達たち

大学に入って一番楽しかったのはサークル活動でした。

普段の必須授業などは同じ学科の人と受けますが、それ以外で他学科の人と話す機会がありませんでした。選択授業で他学科の人と一緒になっても、基本的に「授業」なので話すことがありません。
サークルは定期的に集まり、学年や学科を問わずに人と接することができ、同時に友達もたくさん増えます。仲良くなったら一緒に選択授業を取ったり、学食を一緒に食べたりしました。
趣味などからサークルに加入するので、同じ趣味を持ってる仲間として話すこともできます。
授業がなくて時間があるときも、同じ学科の子は授業があったりして一緒にいられないときに連絡すれば、空いてる子とお茶しながら話すこともできるし、サークルの仲間は大切でした。
たまにすれ違って挨拶したときに、同じ学科の子に「あの子、誰?」と言われると、みんなが知らない子を知っているという高揚感にも満たされました。
サークル活動も楽しかったですが、サークルの仲間もいろんな子がいて楽しかったです。