サークルの遠征の思い出

体育会の陸上部に所属していた学生時代、ときどき遠征に出かけることがありました。恒例だったのが、東京にある姉妹校との対抗戦でした。大学がある名古屋と東京で会場を交互に移していました。運動部員全体が移動する一大イベントでした。また試合後の飲み会も楽しみでした。主催する大学の部員が、遠征でやってきた相手校の部員をもてなすのです。東京に遠征したときも、新宿などで徹夜で遊んだものです。定番は歌舞伎町での飲み会やカラオケでした。また学生の大会で四国の松山まで遠征したこともありました。飛行機に機材を積み込んだのですが、槍投げで使う槍に「さお」という札が貼られていたときは、みんなで大笑いしたものです。たしかに細長いため、触れたことがない人には、何が入っているのかわからないかもしれません。松山では試合後に道後温泉につかったりと、なかば観光気分でした。サークル活動でいろいろな土地へ出かけたのも、今となってはいい思い出です。