サークル仲間で大食いをした話

私のサークルの仲間では、たまに大食い点にいって食事をいっぱい食べるというようなことをやることがあります。
そこでは、大食いチャンピオンの方や、テレビでよく出る大食いの方などが来たこともあるようなお店であり、
周辺ではとても有名なお店でもあります。

私たちは、そんなメニューの中から、適当に頼むのですが、どのメニューも量は半端ではなく、食べきれないサイズがどんと出てくるのであります。
私自身はちょっと少なめのものを頼んで食べるのが精一杯であり、チャレンジしても全部食べきれるかどうか微妙なところであります。

友人の中には、一番大きいものに挑戦できる人もいるのですが、いかんせん一食で2,3キロはあるだろう量ですので
なかなか食べられるものではありません。
ちょうどみんなで参加して食べていたときには、あとちょっとというところだったのですが、後日彼は
同じものを食べきった上で、年間パスポートのようなものをもらったそうです(食事が安くなるものらしい)
食の細い私には、縁のない話ではあります。
そんな感じでサークル仲間と練習後に楽しんだ話でした。