サークル合宿の思い出

私は大学ではサークル活動をよくやっていました。卒業して10年たった今でも、当時の仲間と連絡を取り合っています。
私にとってサークルは、まさに青春の1ページだったな、という感じです。
特に思い出すことは、サークル合宿です。
大学生の長い夏休みを利用して、毎年、合宿をするサークルでした。
文系のよくあるようなサークルで、趣味がある人が集まるようなサークルで、全部で30人くらいの、大きくもなく小さくもないサークルでした。
普段は学年や活動できる曜日で会う人が固定されてしまうため、夏休みにみんなで仲良くなろう、という趣旨だったと思います。
合宿の内容は文系のサークルとは関係なく、キャンプをしたり、花火をしたりして遊びました。
普段とは別のキャラがわかってみたり、なんとなく固まっていた新入生はそこでほぐれてみたりと、楽しいものでした。
一緒に同じ経験をする、ということが、きっと大事なんだと思います。
「あのとき、あんなことがあったね」という感じで、今でもよく話題に上ります。