シナリオに対する忠実さが求められる事もある学園祭

私は学生時代の学園祭で、演劇に参加した覚えがあります。もうかなり以前のことなのですが、あれはなかなか楽しかったですね。
私はその演劇で、段取りというものを学んだように思います。シナリオが用意されていて、その通りにしなければなりません。シナリオから外れたことをやってしまうと、ちょっと怒られてしまいました。演劇というものは「シナリオに忠実」であることが求められるのかなと、学んだ記憶があるのですが。
ただシナリオ通りに行動をするのは、恐らく演劇だけではないと思います。学園祭では色々な出し物などがありますが、その中にはシナリオに忠実でなければならないものも幾つかあると思いますね。
また学園祭の実行委員会としても、恐らくそのシナリオのようなものを色々と意識していると思います。委員会では、綿密にスケジュールを組んでいることも多いようですね
学園祭というイベントは、「シナリオに忠実」という概念とは大きな関係があると私は思います。