シフトの融通が効くかどうか

大学生で仕事をするときには、勤務時間が問題になってきます。昼間の授業を終えて夕方からアルバイトをする場合には、不意の残業になってもどうにか対応することが可能ですが、これが逆の場合だと難しくなってくるのです。

二部の大学生の場合は、夕方6時過ぎからの授業となります。なので、昼間のアルバイトをしたとして、終わる時間が夕方五時だったとします。時間的には問題なく間に合うのですが、仕事内容が厳しいときは残業することになります。

その時に、6時過ぎまで残業していては授業に間に合いません。これではいけないので、店長に言って早めに仕事を終えることをお願いしたりします。これが結構難しいのです。仕事内容的に全員でフォローしなければいけない時に、自分だけ早めに帰るというのは気分的にも良くないのです。

ですが、シフトの時間内だけの契約という部分を店長がしっかり理解して、時間内で帰してくれるかどうかがポイントになります。これがしっかりできてないとアルバイトができないのです。